京都大学 水産 実験所 学生

3.学生

 

井上 博[いのうえ ひろし]

井上博 顔写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 博士課程
連 絡 先: inoue.hiroshi.55s*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 海洋生態学
趣  味: 釣り、ダイビング,水泳、バレーボール、ラグビー
研究課題: 日本海西部の底生生態系の構造
日本海の底生生態系の構造を解明するために水深200~800 mにおいて底引網を曳き、採集された生物を同定し、個体数や重量を計測する。このデータを基に生態系モデルを構築し、日本海の底生生態系の構造を定量的に把握する。これによ り、高次消費者である水産重要魚種を安定的に市場へ供給するための政策作りに役立る。
経歴・業績など:
滋賀県大津市生まれ
2003年 東大津高校卒業
2004年 近畿大学水産学部在籍(1年)
2009年 琉球大学理学部海洋自然科学科卒業(シマイセエビの分子分析による集団構造解析)
2009-2010年 コペンハーゲン滞在、デンマーク語を学びながらすし屋で働く(ワーキングホリデー)
2011-2012年 塾講師、学童指導員
2012-2013年 東洋紡(株)大津研究所治験薬製造部所属
2013-2015年 京都大学 農学研究科 修士課程 (由良川河口沖の底生生態系の構造と季節変動)
2015- 京都大学 農学研究科 博士課程
2015-2016 POGO program at Alfred Wegner Institute, Germany (1 year project)
現在に至る

余田 昂彌[よでん たかや]

余田昂彌 写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 博士課程
連 絡 先: yoden.takaya.86c*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 海洋資源生物学
趣  味: バレーボール、サッカー、野球、スノーボード
研究課題: 環境DNAを用いたアカクラゲの発生源の特定とモニタリング技術の確立
アカクラゲは日本近海で初夏に増える毒クラゲです。アカクラゲが海水中に放出する環境DNAの量と目視による推定個体数との間には有意な相関があることが分かっています。そこで、環境DNAがアカクラゲの発生源となるポリプ(海底に固着しているクラゲの無性生殖期)の発見にも利用できるかどうか、またクラゲと環境DNAの時空間的分布の関係を解明し、クラゲ被害を未然に防ぐことに貢献できればと思います。
経歴・業績など:
経歴
2011年 京都成章高校卒業
2012年 北海道大学水産学部海洋生物科学科入学
2016年 京都大学大学院農学研究科入学
2017年 ワーキングホリデーでカナダに渡航
2018年 復学

学会発表:
余田 昂彌・益田 玲爾・村上 弘章・尾形 瑞紀・山下 洋・源 利文『環境DNAを用いたクラゲ防除技術の開発:季節的モニタリングとポリプからの検出』 平成29年度 日本水産学会春季大会 (2017年3月) 口頭発表

笹野 祥愛[ささの さちあ]

笹野写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 博士課程
連 絡 先: sasano.sachia.75e*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 魚類生態学
趣  味: 生き物の飼育(海水、淡水、魚からイソギンチャクまで様々)、水族館めぐり
研究課題: 環境DNAを用いたクロダイの生活史特性の解明
本研究ではクロダイについて環境DNAを用いて調べています。修士研究では海域および河川域における分布の季節変化を調査し、本種が卵や仔魚期のみに沖合に分散し、以後は沿岸や河口に強く依存すること、また夏季のみ河川の淡水域も利用することを環境DNAにより示しました。クロダイは沿岸で産卵するといわれるものの、自然界での産卵の目撃例はありません。沿岸での産卵は河川水や潮汐の影響を大きく受けることが予想されるため、低塩分に適応した産卵戦略をもつと推察されます。博士研究ではそのような産卵生態を環境DNAを用いて解明し、本種が陸水の影響の強い沿岸環境に適応できる要因に迫れたらと思います。
経歴・業績など:
経歴:
2013年3月 富山県立富山中部高等学校 卒業
2017年3月 お茶の水女子大学理学部生物学科 卒業
2019年3月 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻 修了

学会発表:
笹野 祥愛,坂爪 明日香,最上 善広,服田 昌之『ミドリイシサンゴのプラヌラの遊泳パターン』日本動物学会関東支部第67回大会(2015年3月) ポスター発表 → 受賞(下記)
笹野 祥愛,坂爪 明日香,松島 夏苗,最上 善広,服田 昌之『ミドリイシサンゴ幼生の遊泳速度を制御する神経ペプチド』日本動物学会関東支部第68回大会(2016年3月) ポスター発表 → 受賞(下記)
笹野 祥愛,坂爪 明日香,和田 祐子,松島 夏苗,最上 善広,服田 昌之『ミドリイシサンゴ幼生の遊泳特性と遊泳を制御する神経ペプチド』日本サンゴ礁学会第19回大会(2016年12月) ポスター発表
笹野 祥愛,坂爪 明日香,和田 祐子,最上 善広,服田 昌之『ミドリイシサンゴ幼生の遊泳特性と遊泳を制御する神経ペプチド』日本動物学会第88回富山大会(2017年9月) ポスター発表
笹野 祥愛,村上 弘章,鈴木 啓太,源 利文,山下 洋,益田 玲爾『環境DNAを用いて調査したクロダイの沿岸依存性と産卵期・仔魚期の分布特性』平成30年度日本水産学会春季大会(2018年3月) 口頭発表
笹野 祥愛,村上 弘章,山下 洋,益田 玲爾『環境DNAが示すクロダイの河川進入の季節変化』平成30年度日本水産学会秋季大会(2018年9月) 口頭発表
笹野 祥愛,村上 弘章,鈴木 啓太,源 利文,山下 洋,益田 玲爾『環境DNAから推測されるクロダイの分布様式:海洋および河川域での季節変化』第1回環境DNA学会東京大会(2018年9月) ポスター発表

講演会:
笹野 祥愛『環境DNAで追うクロダイの季節移動:冠島沖から伊佐津川中流まで』若狭湾生物同好会公開講座(2018年6月)

その他:
お茶の水女子大学平成26年度理数学生応援プロジェクト後継事業 アドバンスドプログラム優秀研究賞受賞(2015年5月)
お茶の水女子大学平成27年度理数学生応援プロジェクト後継事業 アドバンスドプログラム優秀研究賞受賞(2016年6月)

戸矢 樹[とや たつき]

戸矢樹写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 修士課程
連 絡 先: toya.tatsuki.67n*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 魚類学習心理学
趣  味: オーボエ、水族館巡り、熱帯魚飼育
研究課題: 魚類の学習と記憶に影響を与える諸要因
動物にとって学習能力は、常に変化し続ける環境の中で生き残る上で重要な役割を担う。魚類においても、摂餌や、捕食者逃避、空間把握などに関する学習が報告されている。栽培漁業分野への応用として、トレーニングによる人工種苗の行動改善への効果も期待されている。従って、学習・記憶能力に影響を与える要因の解明は、心理学の基礎研究として魅力的なだけでなく、応用的価値も高い。本研究では、飼育環境やトレーニング方法の違いが、学習や記憶にどのように影響を与えるのかを調べる。
経歴・業績など:
2014年 埼玉栄高等学校卒業
2014年 北海道大学水産学部増殖生命科学科入学
2018年 京都大学大学院農学研究科入学

辻村 裕紀[つじむら ゆうき]

辻村顔写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 修士課程
連 絡 先: tsujimura.yuki.32u*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 魚類行動学
趣  味: 釣り、ドライブ
研究課題: 学習の負荷による魚類の脳の発達と体成長のトレードオフ

隠れ家となるような構造物の多いいわゆるエンリッチ環境で魚類を飼育すると、脳容積が大きくなることがいくつかの淡水魚で報告されています。このことは、脳の発達が生育環境により影響を受けることを示しており、魚類の生活史戦略や放流稚魚の生き残りを考える上でも興味深い情報ですが、海産魚で同様の研究は皆無です。一方、脳容積が増加することによって、何らかの副次的な差異が生じる可能性も考えられます。
私は、環境エンリッチメントについてだけでなく、脳の使用と脳の発達の関連性についても着目しました。そこで、本研究では、イシダイにエンリッチ環境を与えるとともに、学習課題を継続的に与えることで、脳容積に差が生じるのかを明らかにします。これに加えて、得られた結果から、脳の発達における物理環境による影響と、学習機会による影響の比較をすることも目的とします。また、脳は各器官の中でも、特にエネルギー消費の激しい器官です。よって、脳の発達・使用により、体の成長に利用できるエネルギーは相対的に減り、体成長が遅くなる可能性が考えられます。そこで、脳容積と体成長にトレードオフの関係があるかについて明らかにすることも目的としています。
経歴・業績など:
2013年3月 大阪府立三国丘高等学校卒業
2014年4月 京都大学農学部資源生物科学科入学
2018年3月 京都大学農学部資源生物科学科卒業
2018年4月 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻入学

河合 史佳[かわい ふみか]

所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 修士課程
連 絡 先: kawai.fumika.36c*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 
趣  味:
研究課題:
経歴・業績など:

曽根高 幹大[そねたか みきひろ]

曽根高幹大写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 修士課程
連 絡 先: sonetaka.mikihiro.62m*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 海洋資源生物学
趣  味: 釣り、テニス、アニメ、アメフト観戦
研究課題: キジハタの放出する環境DNAの日周性の個体発生および産卵時の動態
キジハタは「アコウ」あるいは「ヨネズ」の名で知られる高級魚ですが、近年その資源量は激減しています。キジハタの生態に関する情報は乏しく、また、天然海域での産卵に関する報告もありません。本研究では、環境DNAを用いて本種の生息密度を推定し産卵を検知する技術の開発を目指しています。まずは、環境DNAの放出量について、日周行動に伴う短期的な変化、これらの成長に伴う長期的な変化、さらには、産卵前後での変化といった点に着目し研究を進めます。
経歴・業績など:
2015年3月 岡山県立倉敷天城高等学校卒業
2015年4月 京都大学農学部資源生物科学科入学
2019年3月 京都大学農学部資源生物科学科卒業
2019年4月 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻入学

上村 真太郎[かみむら しんたろう]

上村真太郎写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 修士課程
連 絡 先: kamimura.shintaro.22z*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 海洋資源生物学
趣  味: 写真、絵、読書、釣り
研究課題: 産卵と被食に伴うカタクチイワシの環境DNA動態
近年、従来のモニタリング手法の欠点を克服する手法として、環境DNA技術が注目されています。これは、主に水圏生物から排出されたDNA断片を水から検出し、対象生物の在不在や生物量などを推定する手法です。生体からDNA断片が排出されて環境DNAとして検出されるまでには、さまざまな生物的・非生物的要因が影響していることが知られています。そのため、これらの要因やその影響を詳しく調べることによって、より正確な生物量の推定、および対象生物についての様々な情報の取得が可能になると考えられます。本研究では、これら生物的要因のうち、特に産卵および被食が環境DNAの放出にどのように影響するのかを、カタクチイワシを対象として調べます。
経歴・業績など:
2014年3月 大阪府立岸和田高等学校卒業
2015年4月 京都大学農学部資源生物科学科入学
2019年3月 京都大学農学部資源生物科学科卒業
2019年4月 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻入学

中島 広人[なかじま ひろと]

中島広人写真所  属: 農学研究科 応用生物科学専攻 里海生態保全学分野 修士課程
連 絡 先: nakajima.hiroto.57z*st.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専  門: 沿岸資源生態学
趣  味: 釣り、サイクリング、アクアリウム
研究課題: 丹後海におけるスズキ卵仔魚の輸送メカニズムの解明
魚類の年級群強度は、飢餓や被食、無効輸送などといった初期減耗の程度によって決定される。親魚は卵仔魚が好適な成育場に輸送される確率の高い場所を産卵場とし、卵仔魚は海流などを利用して効率的に輸送される。卵仔魚の輸送経路を流れと併せて解明することは、初期生活史および資源変動の仕組みを理解する上で重要である。本研究では、漁業や遊漁上重要種であるスズキをメインに、丹後海における卵仔魚の輸送経路と流れの関係を調べる。
経歴・業績など: