京都大学 水産 教授

1.教員

益田 玲爾[ますだ れいじ](教授、実験所長)

益田先生 顔写真連 絡 先: masuda.reiji.3w*kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)、0773-62-9063(電話)
専  門: 魚類心理学
趣  味: 潜水、テニス、マラソン、ピアノ
研究課題:
魚類の行動の個体発生
大 学院生の頃から一貫して,魚類の行動の個体発生という研究テーマに取り組んできました.魚の群れや,遊泳能力,他の生物との共生,学習などの行動は,魚の 成長に伴いどのように発達するか,といった,いわば魚の発達心理学的な研究です.とりあえずは魚を飼って,日がな一日眺め,ときどきビデオで撮影するとい う,多分に趣味的な研究ですが,ヒトの心理の理解に役立つこともあるかもしれない,夢のある研究と信じています.そんな研究の同志を募集中です.
また,趣味の潜水を活かして,沿岸に生息する魚類の分布や生態についても調査しています.舞鶴水産実験所前での毎月2回の定例潜水調査を皮切りに,原発温 排水の影響を受ける福井県高浜町音海での潜水,さらには気仙沼で震災以降の海の回復の様子をモニタリングするなどの潜水調査を行ってきました.「そこに海 があるから潜る」といった感じの,多分に趣味的な研究ですが,海の生物資源を理解し適正に管理する上で必須な研究と信じて取り組んでいます.そんな研究の 同志も募集中です.
経歴・業績など:京都大学教育研究活動データベースへ

甲斐 嘉晃[かい よしあき](准教授)

甲斐さん 写真連 絡 先: kai.yoshiaki.4c*kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)、0773-62-9079(電話)
専  門: 魚類分類学
趣  味: バンド(ベース)
研究課題:
1.メバル科・クサウオ科・ダンゴウオ科魚類の系統・分類学的研究
メバル科、クサウオ科、ダンゴウオ科は主に北半球の寒海域で多様に種分化したグループです。彼らがどのような原因で種分化したのか、多様性を生み出す原 動力は何だったのか、どうやって「種」としての独自性を保っているのか、と言う疑問に、形態学・分子遺伝学的手法を用いて研究を進めています。
2.日本海の魚類の系統地理学的研究
日本海は周囲を陸で囲まれた閉鎖的な海域です。氷河期には狭い海峡がほぼ閉じてしまい、周囲の海から孤立したことが知られています。このような歴史的背 景から日本海には固有種が多かったり、周囲の海とは少し異なった遺伝的組成を持った種が生息しています。主に分子遺伝学的手法を用いて、日本海の魚がた どってきた歴史を推定しています。
経歴・業績など:京都大学教育研究活動データベースへ

鈴木 啓太[すずき けいた](助教)

鈴木啓太 顔写真連 絡 先: suzuki.keita.3r*kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)、0773-62-9094(電話)
専  門: 沿岸・河口域生態学
趣  味: ジョギング、スイミング、ハイキング
研究課題:
沿岸・河口域は生物生産が活発であると同時に人間活動の影響を受けやすい水域です。水質汚濁や護岸、干拓、浚渫などにより沿岸・河口域に生息する生物が脅 かされています。私は魚類や甲殻類を対象とし、特に環境変化に弱い発育初期の分布や食性、成長、生残を調べています。沿岸・河口域の生物の生活史を理解 し、人がそれらの生物と共に生きてゆく方法を見出すことが目標です。
1.仔稚魚の生態
魚類の初期生活史(回遊、食性、成長、生残など)を調べ、魚種ごとに再生産の鍵となる環境条件を究明する。
2.動物プランクトンの生態
カイアシ類やアミ類の生活史(定位、食性、成長、生残など)を調べ、魚類生産を支える動物プランクトンの生産機構を究明する。
3.環境変動と生物生産
水域ごとに様々な時間スケールの環境変動(気候変動、季節変動、潮差変動、流量変動など)と生物生産の関係を調べ、沿岸・河口域生態系の動態を理解する。
経歴・業績など:京都大学教育研究活動データベースへ

澤田 英樹[さわだ ひでき](特定助教)

澤田英樹 写真連 絡 先: sawada.hideki.8x*kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)、0773-62-9076(電話)
専  門: 無脊椎動物生態学
趣  味: ジョギング、貝殻拾い、砂浜巡り、太陽光発電
研究課題: 地形と底生生物(ベントス)との関わり
1.開放性(露出性)砂浜海岸における二枚貝浮遊幼生の出現動態
外海に面した砂浜海岸は波当たりの強い環境で、露出性(≒開放性)砂浜海岸と呼ばれます。ここでの生物相は遮蔽性(≒内湾性)砂浜海岸のものと全く異なります。そのメカニズム解明の一端として、二枚貝の浮遊幼生期に着目しました。
二枚貝の多くは発生直後に浮遊幼生として海中を漂いますが、形態から種を同定するのはほぼ不可能です。そこで分子生物学的手法を用いて簡易に同定する方法を確立し、研究を進めました。
2.汽水性二枚貝と地形的要因について
二枚貝のヤマトシジミの分布と水深等の地形要因について、河口域や汽水湖を対象に取り組んできました。
3.マナマコの生態について
マナマコは、発生直後は浮遊幼生として漂い、着底後は藻場やカキ礁へ、成長するにつれて砂泥や岩礁域などへと目まぐるしく生息地を変えるとされます。それぞれの成長段階を対象とし、船外機船や(苦手な)潜水を駆使して解明に取り組みたいと思っています。

経歴・業績など:ReaD & Researchmapへ

邉見 由美[へんみ ゆみ](助教)

自己紹介写真_邉見由美連絡先: henmi.yumi.7c*kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)、0773-62-9076(電話)
専 門: 干潟域のハゼ類の共生生態学
趣 味: 愛猫と遊ぶこと、野鳥観察
研究課題:
私はこれまで、干潟域の住み込み共生について、特に生物がつくる巣穴に隠れたり住みついたりするハゼや甲殻類を対象として、生態学的研究を行ってきました。フィールドワークと飼育実験により共生者の適応進化や自然史、ベントスの作る巣穴構造と巣穴を介したさまざまな種間関係について紐解いていこうと考えています。
1. 住み込み共生に関する生態学的研究
2. 造巣性ベントスの巣穴構造

経歴・業績など:
京都大学教育研究活動データベースへ
個人ホームページへ

高橋 宏司[たかはし こうじ](助教)

高橋宏司顔写真連絡先: takahashi.kohji.5n*kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて下さい)
専 門: 魚類などの水生生物を対象とした認知科学
趣 味: 研究計画、海・川遊び
研究課題:
(1) 認知能力と生態の関係:認知生態学
魚類は脊椎動物の中で最も多様な動物群であり、その生態も多岐におよんでいます。このような多様な生態に対して、彼らがいかに適応的な認知能力を備えているのかを研究しています。特に、最近は人間生活による環境の干渉が認知能力におよぼす影響について興味をもっております。

(2) 魚類の認知能力からヒトの心を探る:魚類教育心理学
ヒトと同じ脊椎動物である魚類は、一般的に認知能力が低いととらえられがちですが、最近の研究から彼らもヒトによく似た認知能力を備えていることが明らかになりつつあります。そこで、ヒトの心理において未解明な点を、魚類を使った実験で探ることに興味をもっています。魚類の心理学から、ヒトの教育心理にフィードバックできるような「心の形成機構」の解明を目指しています。

(3) 魚類の認知をヒト社会に役立てる:水産心理学
魚類は、食用や観賞など、ヒトの社会の多くの部分で利用されています。そんな魚類の認知能力を理解し、操作することができれば、効率的な飼育や漁業に役立てられるかもしれません。魚類の備える認知特性を利用して、養殖や漁業、観賞などの発展に貢献するような研究をしたいと考えています。

サカナや水の生き物が好きで、「彼らが何を考えているのだろうか?」ということに興味がある人がいれば、ぜひ一緒に研究しましょう。私が進める認知科学的研究はとても敷居が低いので、気軽にご連絡ください。また、高校などの教育機関へのサカナの実験の提案などもしていますので、興味がありましたら、ご一報いただければ幸いです。

経歴・業績など:
京都大学教育研究活動データベースへ