舞鶴水産実験所 共同利用 教育 拠点

1.共同利用拠点とは

舞鶴水産実験所は文部科学省教育関係共同利用拠点(事業名:日本海における水産学・水圏環境学フィールド教育拠点形成事業)に認定されています。2011年度に初認定され、当初5年間の活動が高く評価された結果、2016年度から5年間についても再認定を受けました。当実験所は実習に適した河川流域から日本海固有冷水域(300 m以深)までの多様なフィールドと優れた実習施設・設備、実習教育コンテンツを有しており、全国共同利用教育拠点としてこれらを広く全国の大学の実習に提供し、水産資源生物の生産と水圏環境に関するフィールド教育に貢献することを目指しています。

全国に設置された大学水産実験所の学問領域は、天然環境における魚介類生産とその管理・増殖に関する分野、及び人工環境下での養殖(いけすなどでの給餌飼育)による生産に関する分野に大別されます。舞鶴水産実験所は前者の天然資源生物の生産分野を対象として、生物生産を支える生態系・環境と増殖技術に関する教育と研究を進めています。とくに、日本海に設置されたほぼ唯一の国立大学水産実験所として(他に北海道大学忍路臨海実験所があるが常駐する教員はいない)、日本海の特色を活かした教育を推進しています。また、当実験所が保有する3000種30万点に及ぶ魚類標本は、我が国の大学の中では最大のコレクションであり、我が国の魚類分類学の基礎を築くとともに、当実験所における魚類学実習にも利用されています。このほか充実した飼育施設と飼育技術を有しており、栽培漁業のための種苗生産から水生動物の行動学まで、多様な分野の実習を行うことができます。

この様な特徴を活用して、農学・水産学以外の文系も含めた非専門分野の学生に対しては、フィールド実習を通して、人と自然の共生をテーマに水圏における資源生物の生産と環境を考える基礎を教育します。農学・水産学、さらに水圏生物や水圏環境を対象とした環境学系の学生に対しては、複合的な水圏生態系における生物資源生産の仕組みと保全・管理技術、水産資源の増殖技術、及び人間活動などによって生じつつある様々な課題の解決方策について体験的に学習させ、現場を基盤として持続可能な人間社会の構築に貢献できる人材の育成をめざしています。舞鶴水産実験所は、文部科学省教育関係共同利用拠点として、豊富なフィールド教育カリキュラムと実習施設・設備を有効に提供し、本学のみならず他大学の学生の人材育成にも広く貢献するために、共同利用型フィールド実習を企画・実施する役割を担っています。
2013年海洋系実習シュノーケル講習